「プレッシャー」から学ぶ→ No pressure.

目次

No pressure.

仕事やふだんの生活でも、

プレッシャー

を感じることってありますよね!

pressure
=圧力

「コールドプレスジュース」にもある
“press”=押す、圧力をかける
から派生した言葉です☆

ではこの”pressure”をつかって、
No pressure.
と言うと……
どんな意味でしょうか?

知ってる英語”プレッシャー”から学べる→No pressure.

No=なし
pressure=プレッシャー

相手にプレッシャーを感じて欲しくないときに、
「ダメでも気にしないでね」
「無理しなくていいからね」
のように使います!

たとえば!

頼みごとして、
やってくれたら嬉しいけど、
but(でも)……
No pressure.

「明日シフト代わろうか?」
と聞かれて、
そうしてもらえるとありがたいけど、
but(でも)……
No pressure.

先にお願いしたかったり、
そうして欲しい内容をいって、
“but”でつなげます。

また、強制ではないよ、
という意味でも使えるので、

休日に会社のBBQがあるけど、
もし先に予定があったら、
No pressure.

なんてシチュエーションでも♪

相手を気づかいたいとき、
尊重したいときにちょっとつけ加えると
感じがよくなるフレーズなので、
ぜひプラスしてみましょう☆

ちょい足しフレーズ♪

That would be helpful, but no pressure.

日本語訳
助かるけど、無理なしでいいよ。

※「手伝おうか」と声をかけられて、
そうしてもらえるとスゴク助かるけど、
相手も忙しそうだし、できる範囲でいいよ、
と言いたい場合などに!
“but”でつなげると、スムーズに使えますよ♪

ガールトークLesson☆

We’re having a potluc party this weekend. Can you come?
Yeah. Should I bring something to drink as well?
That would be great. But, no pressure.
今週末、持ち寄りパーティーやるんだけど、これる?
うん! 飲み物とかも持っていったほうがいい?
それすごいありがたいけど、無理なしで大丈夫だよ。
potluc party
=持ち寄りパーティー
に誘われて、
持ち寄りパーティーなので食べものはもちろん持ってくけど、
一緒に飲み物もあったほうがいい?
と聞いたら、
あったら助かるけど、強制じゃないから無理なしで、
no pressure.
と言われているシチュエーション!

“but”と一緒に、
「~~だけど、無理なしで」
と使うとスムーズに言えますよ☆


Let’s enjoy “Girl-Lish”!
See you next time!!

Please Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このサイトは、「英語は苦手、自信がない。でも、英語を自由に話せたらステキ!」って思っている人たちと一緒に、
女子なら誰もが知っている英語をきっかけにして、毎日ちょこっとずつ、「英会話ができるようになっちゃおう!」
という想いをこめてスタートしました。

目次