MENU

「ワインオープナー」から学ぶ→ It was an eye-opener.

目次

It was an eye-opener.

ワインをあけるときに便利な、

ワインオープナー

最近では簡単に抜ける
優秀アイテムがたくさんありますよね♪

wine opener
=ワインオープナー

“wine”を
“opener”=開けるもの

では、この”opener”をつかって、
It was an eye-opener.
と言うと……
どんな意味でしょうか?

知ってる英語”ワインオープナー”から学べる→It was an eye-opener.

It was an eye-opener.

目からウロコだった。

“eye”=目

“open”=開く
させるモノやコトに触れて、
自分の思っていたことや視点が
変わったとき、
新しい知識を得たときなどに、

目からウロコだった!
感動した!

のように使います。

“It”s”は、目からウロコだった内容を指します。

授業とか、
誰かの話とか、
本とか、
旅とかでも……
なんでもオッケー!

なにかによって
自分が変わるほどの衝撃を受けたときは、
It was an eye-opener.
を使ってみましょう♪

ちょい足しフレーズ♪

It was a real eye-opener for me.

日本語訳
わたしにとって、ほんと目からウロコだった。

※”real”を入れて、「本当に」と強調できます!

The book was a real eye-opener for me.

日本語訳
その本、スゴイ目からウロコだった。

※”It”を具体的に感動したコトやモノに変えてもオッケー☆

ガールトークLesson☆

Have you read this book?
No,I havent. Is it good?
Yeah. It was an eye-opener for me.
この本読んだ?
まだ。面白い?
うん。目からウロコだった。
友だちに「コレ読んだ?」と本を差し出したら、
まだ読んでなかったみたいで、
「その本、いいの?」と聞かれたので、
It was an eye-opener for me.
=自分的には新しい発見がいっぱいで、スゴイよかった。
と言っているシチュエーション。

“really”を入れて強調したり、
“Tt”を具体的なコトやモノに変えたりして、
カスタマイズもできますよ♪


Let’s enjoy “Girl-Lish”!
See you next time!!

Please Share
  • URLをコピーしました!
目次