「ファイト」から学ぶ→ We had a big fight.

We had a big fight.





一生懸命何かを頑張っている人に、

ファイト

って声をかけたりしますよね!





日本語では
「頑張れ」というイメージがあるけど、
英語では「頑張れ」="fight"
ではありません!

誰かを応援したいときは、
こんなフレーズがおススメ!

↓↓↓↓↓

西野カナ「GO FOR IT!!」から学ぶ→Go for it!
「Can You Keep A Secret?」から学ぶ→Keep it up!
「ステッカー」から学ぶ→ Stick to it!

英語での意味は……

fight
=けんか
=争う

では、実際にこの"fight"、
どう使うかというと……

知ってる英語"ファイトー"から学べる→ We had a big fight.






We had a big fight.


日本語訳




"have"=もつ
 +
"big"=大きい
 +
"fight"=けんか

実際に拳をつかって
殴り合ってる場合も、
殴り合わないで
単にもめてるだけの場合も、
"fight"でオッケー!

昨日彼と、
どっちがお皿を洗うかで……
We had a big fight.

けんかになった、
争いごとに発展した、
と言いたい場合は、
"get into~"をつかって、

They got into a fight.

また、なにかを
取り合ってるときにも使えるので、

They are fighting over a guy.

なんてフレーズでも"fight"が使えます☆

「けんか」と言っても色々あると思いますが、
殴り合い以外にも
「もめる」「争う」ときに使えるのが
ポイントです!


ちょい足し&変えフレーズ♪




I had a big fight with him last night.
日本語訳

昨日彼と大喧嘩したの。

※「誰と」か言いたい場合は、
"with"をつかって。


They got into a fight.
日本語訳

けんかになった。

※争いごとに「発展してしまった」場合は、
"get into~"。
争いごとにのなかに
入り込んでしまった、イメージです!


They are fighting over a guy.
日本語訳

あの子たち、男性取り合ってるんだよ。

※一人の男性をめぐって
バトルを繰り広げている場合は、
"over"をつかって、このフレーズ♪


We fought about who should do the dishes.
日本語訳

どっちが皿洗いをするかでもめた。

※なにについてもめたか
具体的な内容を言いたい場合は、
"about"で続けて☆

ガールトークLesson☆





英語日本語解説










We had a big fight.













What about?













He is a couch potato. He nevre goes out with me on a weekend.















昨日大喧嘩したんだよね。













何について?













彼、いつも家でゴロゴロしてて、週末全然一緒に遊びに行ってくれないの。






いつも家でゴロゴロしてる(couch potato)
な彼とそのことについて
大喧嘩してしまって、
We had a big fight.
と言っているシチュエーション。

殴り合って戦う場合だけじゃなくて、
もめる
争う
場合にも使えるんです☆

ちなみに日本語で「頑張って」
という意味の「ファイト」は、
英語では通じません!
誰かを応援したいときは、
こんなフレーズがおススメです☆

西野カナ「GO FOR IT!!」から学ぶ→Go for it!
「Can You Keep A Secret?」から学ぶ→Keep it up!
「ステッカー」から学ぶ→ Stick to it!










Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!