「プリーズ」から学ぶ→ Please.

Please.





英語を勉強したてのころにきっと覚えたはず、
Please.
プリーズ

お願いするときに使うフレーズ、
というイメージがありますよね!





Please.

「どうか」「どうぞ」という意味ですが、
お願いするときだけなくて、
意外なシチュエーションでも使うことがあって……。

お願いする以外の"Please."って……!?




Please.
日本語訳

どうぞ。

 
 

誰かに「これいいですか?」と、
たとえば「椅子借りていいですか?」と聞かれて、
Please.
と、「どうぞ」という意味で使うことができます!

"please"には「喜ばせる」という意味もあり、

If it pleases you.
「あたながそれで喜ぶなら、ぜひどうぞ」
みたいなニュアンスです!

また、「プ」を強めに、
「リー」の部分をちょっと長めにして、
ちょっと「イヤな感じ」をだして発音すると、

Please.
日本語訳

もう勘弁してよー。

 
 

にも!

もう辟易。もういや!
もうちゃんとやってよー、
みいたいな感じです。

また一番メジャーな「お願いする」という
使い方もありますが、
単体で"Please."のみで使う場合は、
ちょっと甘えてる感じに☆

例えば子どもがお母さんに
「おーねーがーいー」と言ったり、
女の子が彼氏に「これ欲しいなー」と言ったり、
友だちに「ごめん、これちょっとやっておいて!」と
言ったり……
顔の前で手を合わせてる感じです(^人^)

単体ではなく、
文章の前後につけると、「丁寧になる」イメージがありますよね。
でも実は……
誰かにお願いする場合は、
「ものすごい丁寧になるわけではない」んです!

たとえば……
Please call me.
といっても、"call me"自体が命令系なのと、
こう言われると相手は
Yes.
No.
のどちらかの選択を迫られている感じになってしまうので、
丁寧にお願いしたい場合は疑問文を使って、

Can you~~?
Could you~~?
Would you~~?

「~してくれますか?」と言ったほうがベター!

または、「~してくれたら嬉しいな。」
という言い方も!

I would like you to~~.
I appreciate~~.

最後に余談ですが、
Please
はメールやSNSでは、
plz
と略されることが多いので、
こう書いてあったら、
「あ、"Please"のことね」と覚えておきましょう♪


Let's Girl Talk in English.


■実際に会話のなかに組み込んでみましょう☆


 









Do you mind if I sit here?













No, please.













Thanks.




 
日本語訳

 









ここ座っていいですか?













はい。そうぞ。













ありがとうございます。






 
 
シチュエーション&ポイント

レストランなどで自分の近くの席があいていて、
「座っていいですか?」と聞かれたので、
Please.
と快諾しているシチュエーション。
"Please"はお願いする以外にも「どうぞ」としても使えます!
そして今回の場合、
"Do you mind~?"と「~したら気にしますか?」
という聞かれ方をしているので、
「いいですよ」=「気にしませんよ」の場合は、
"No."が正解です!









Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!