「王様のブランチ」から学ぶ
Why don’t we have brunch?


★brunchでもどう?と誘ってみよう♪



「食事を取る」と言うときは、

have

を使います!
なので「ブランチを取る」は、
have brunch

友だちを誘いたいときは、このhave+brunch(breakfast/lunch/dinner)を使って、

Why don't we have brunch?
「ブランチでもどう?」

と言ってみましょう♪

go+for+brunch(breakfast/lunch/dinner)で、
Let's go for brunch on Saturday.
「土曜日に、ブランチを食べに行こうよ。」
もOKです♪

他にも、知ってるときっと便利で使える
「食事関連フレーズ」を紹介しますね♪

友だちにランチをごちそうしたい時、
I'll buy you lunch.
「ランチおごるよ」
ランチをコンビニとかで買う以外にも、
普通にお店でおごるときもこれでOK!

ごちそうしてもらいたかったら、
Buy me lunch next time.
「次のランチは、おごってね」
おごってあげたとき、「次はあなたの番ね!」的に使ってみましょう♪

そして、おごってもらったら、
Thanks for lunch.
「ごちそうしてくれてありがとう」

ランチにいくとき、何を食べたいか尋ねるには
What do you want to eat for lunch?
「ランチ何食べたい?」

仕事中、ランチの時間になって外出する場合、
I'm off to lunch.
「ランチ行ってくるー」
"off to~"はランチ以外にも例えば……
I'm off to work.
「仕事行ってくるー」
など、「行ってくる」と言いたいときによく使えるので、ぜひ使ってみて☆

ランチ中の人宛に電話や来客があったら、
She's out to lunch.
「彼女ランチいってるよ」
この"out to"も"off to"と同じで、他にどこか行ってるときにも使えます!

これでほぼランチ関連フレーズはばっちりですね♪

もう1つ、友達との会話で使えるフレーズをご紹介!
breakfast/lunch/dinnerなど、きっちりした食事じゃなくて、
さくっと何か食べくて友達を誘うときは、

Let's grab a bite.
「ちょっとなんか食べない?」
※なんかちょっと食べてこうよー、
という朝食でも昼でも夕飯でもない軽食
=さくっといく

改めてご飯に誘ってる感じじゃなくて、ちょっと行こうよ感が
使いやすいフレーズですよね♪

では、次ページで……
実際に、英語を口に出して、練習しましょう!