MENU

「ニーズ」から学ぶ→ No need.

目次

No need.

ニーズ
がある、ない。

お客さまの
ニーズ
をくみ取る。

など……
「必要としているもの、こと」

ニーズ
っていいますよね!

need
=必要

では、この”need”をつかって、
No need.
と言うと……
どんな意味でしょうか?

知ってる英語”ニーズ”から学べる→No need.

“need”=必要

“no”=ない

つまり……
「いらないよ」
「必要ないよ」
という意味で、
誰かからの提案をカジュアルに
遠慮することができます☆

友だちにすっごい謝られて、
「ごめん、絶対埋め合わせするから」
と言われたけど……
そんな気にしてないから
「大丈夫だよ!」
No need. It’s okay.

ホームパーティーに招待した友だちが
「ドレスアップしたほうがいいかな」
と聞いてくれだけど、
フランクなパーティーだから
No need.

具体的に「なにが必要ないか」
を言う場合は、
“to”をつかって、

No need to worry.

と、後ろに続けます!

もともとのフレーズは、
There is no need to~
ですが、
“There is”は省略してしまってオッケーです☆

「そんな必要ないから、大丈夫だよ!」
と相手を安心させたいときに、
使ってみましょう♪

ちょい足しフレーズ♪

No need. It’s okay.

日本語訳
必要ないよ。大丈夫。

※誰かに提案されたことを、
遠慮する場合に!
“It’s okay.”をつけると、より相手に
安心感を与えられますよ☆

No need to worry.

日本語訳
心配する必要ないよ。
No need to hurry.

日本語訳
急ぐ必要ないよ。
No need to rush.

日本語訳
急ぐ必要ないよ。
No need to apologize.

日本語訳
謝る必要ないよ。

ガールトークLesson☆

Should I dress up for the party?
No need. It’s just a casual one.
Okay. That’s easy then.
パーティー、ドレスアップしていったほうがいいかな?
その必要ないよ。カジュアルなやつだから。
わかった。じゃ、簡単だね。
開催するパーティーに
「ドレスアップしたほうがいい?」
と聞かれたけど、
その必要はないから、
No need.
と言っているシチュエーション!

相手の提案をカジュアルに
遠慮することができる便利フレーズ☆

具体的に「しなくていい」内容を言いたい場合は、
“to”をつかって、後ろにプラス!


Let’s enjoy “Girl-Lish”!
See you next time!!

Please Share
  • URLをコピーしました!
目次