MENU

「スタート」を知ってれば…ゼッタイ話せる英会話→ Let’s get started.

最終更新日:2017/4/3

学校や会社など、
今日から新年度が

スタート

した方も多いのでは⁉

知ってるカタカナ語から、
ネイティブがよく使っている英語フレーズを学べたら、
覚えやすいし忘れにくいはず!!
という思いから、
2015年4月1日にスタートしたGirlLishも、
ついに3年目に入りました♪

3年目は、過去に紹介したフレーズのなかからの復習と
新しいネタを織り交ぜて、お届けしていきます!
3年目も、GirlLishをよろしくお願いします!

さて、復習フレーズ1回目は……

Let’s get started.

知ってるカタカナ語「スタート」→ゼッタイ話せる英会話 Let’s get started.

何かを「始めたい」ときに、
みんなに「さ、始めよう!」と
声をかけるフレーズ!

みんなの気分を盛り上げて
早く始めたいときにピッタリ☆
「さーやるよ!」と、少し前のめりな感じで、
みんなに声をかけている感じです。

会議の時間になったから、
Let’s get started.

「さ、やるよ!」
みたいな感じ☆

学校の先生が授業をはじめるときも、
Let’s get started.

Let’s start.
でも間違いではありませんが、
Let’s get started.
のほうが、ネイティブが頻繁につかう、
テッパンフレーズなんです☆

ちょい足し&変えフレーズ♪

Why don’t we get started?

日本語訳
始めない?

※「~しない?」と提案するときは、
“Why don’t we~?”を使って!


Shall we get started?

日本語訳
始めませんか?

※少していねいに言いたいときは、
“Shall we~”からはじめて☆

ガールトークLesson☆

Is everything okay?
Everything is all set.
Okay, Let’s get startred.
準備できた?
全部万端だよ。
よし、じゃ始めよっか。
授業や会議、パーティーなど……
はじめる時間になったから、
Let’s get started.
とみんなに声をかけているシチュエーション。

時間だから、「さ、やろーよ!」
みたいに、みんなのテンションをあげてる感じ!

“Let’s start.”
よりも、
Let’s get startred.
のほうがよく使われるんです♪

Let’s enjoy “Girl-Lish”!
See you next time!!

Please Share
  • URLをコピーしました!
目次