SMAP「Otherside」から学ぶ→The other side.




"other side"って、今いる位置からどっち側なの!?




The other side.
「向こう側だよ」

道や場所を聞いたとき、
こう言われることがあると思います。
The other side.
そんなときは……残念!
今あなたは、目的地と逆方向にいます(笑)。

the other side
→向こう側、反対側
※"the"は「ザ」じゃなくて「ディ」、です!

本当に「反対側」なときと、
「向こう側」なとき、どちらも使えるので、
いったいどの方向が正しいの!?と
混乱したりしちゃうかも。

たとえば、こんな風に使います。

駅のホームで出口がわからなくて……
ホームの一番端にある出口付近で
「〇〇にいく場合ここであってますか?」と聞いて、

It's the other side.
と言われたら……
ホームの反対側の出口が正しい出口!

ビルやホテルのロビーにいて、
ここかなーと思った出口で一応誰かに訪ねてみたら、
It's the other side.
この場合はおそらく、今自分がいる場所のまったく逆側が
正しい出口です。

お店を探しているときに道に迷ってしまって、
通りすがりの人に聞いて

It's on the other side of the road.
と言われたら……道路をはさんだ向かい側、
つまり、反対側の歩道側にあるはずです!

最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、
ニュアンスがわかるようになると、きっと役に立つと思います♪

Let's talk!


■実際に会話のなかに組み込んでみましょう☆










Do you know where the restaurant is?













It's on the other side of the road.













There it is. Thank you.







 

日本語をCHECK











このレストランどこにあるか知ってる?













道挟んで向かい側だよ。













あ、そこにあったんだ。ありがと。





★シチュエーション&ポイント
待ち合わせのレストランがみつからずに、誰かに地図とか写真を見せて場所を聞いたら、
今いる場所から道路をはさんで向かい側にそのお店があるよ、と教えてもらったシチュエーション!
"the"は、「ザ」じゃなくて「ディ」、です!





Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!

■関連語
Coming Soon