EXILE ATSUSHI+AI 「No more」から学ぶ→ No more.

No more.





広末涼子×内田有紀の木曜ドラマ『ナオミとカナコ』。
主題歌は、EXILEのATSUSHIと女性ボーカリスト AIが歌う、
「No more」





No more

"More"は、「もっと」
"No"は、それを「否定」しているので、
「これ以上いらない」
という意味!

使い方は……

どんなときに使う!? "No more"。




No more.
日本語訳

もういらないです。

 
 

なにかを勧められて、
「もう十分なので結構です」と
断るときに使います。

たとえば、
「ケーキもっと食べる?」と言われて、
もう十分分食べたから、これ以上いらない場合は


No more. Thanks.
日本語訳

もう大丈夫です。

 
 

「コーヒーお代わりいかがですか?」と聞かれて、
さっきもお代わりもらったから
これ以上は大丈夫、なときにも、


No more. Thanks.
日本語訳

もう大丈夫です。

 
 

ちなみに1回目勧められた場合は、


No, thank you.
日本語訳

大丈夫です。

 
 

でオッケーです☆

また、"No more"の後ろに、
具体的に「もうない」内容もつけられます!


No more chance.
日本語訳

これで最後だからね。

 
 
※もうチャンスはないよ、という意味。


No more mistakes.
日本語訳

これ以上ミスしないでね。

 
 
※ミスが多すぎる人に。


No more TV today.
日本語訳

もうテレビはこれでおしまい!

 
 
※お母さんが子どもに、もうこれ以上見ちゃだめよ、というときなど。


Let's Girl Talk in English.


■実際に会話のなかに組み込んでみましょう☆


 









Would you like another coffee?













Oh, No more, thanks.













Okay.




 
日本語訳

 









コーヒーお代わりいかがですか?













あ、大丈夫です。ありがとうございます。













わかりました。






 
 
シチュエーション&ポイント

コーヒーのお代わりを勧められたけど、
もう十分なので断るときに
No more.
をつかっているシチュエーション。
断るときは、"Thanks"と一緒に使いましょう♪









Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!