「ポジティブ」から学ぶ→ I’m positive.

I'm positive.





ポジティブ
さが魅力のNONSTYLE井上さん!

ツイッターでのポジティブな返しや、
自信満々のポジティブ発言が、
人気のポイントみたいですね♪





positive
=「前向きな」
=「楽天的な」

というイメージが強い、
「プラス」
な感じがする単語ですよね♪

反対語はもちろん
Negative

英語では、性格が「ポジティブ」な場合以外にも、
「プラス」、つまり……「正しい」という意味で、
広く使われることがあります!

たとえば!
I'm positive.
というと……
どんな意味が浮かびますか!?

わたしは"positive"って、性格のこと? それとも……。




I'm positive.
日本語訳

間違いないよ。

 
 

わたしは絶対「正しい」と思う。
つまり……
「間違いないよ」と何かを肯定するときに使います!

もちろん、
「わたしはポジティブな人だよ」
という意味としても通じますが、
「確実にそう思う」といいたいときにも使うんです。

I'm sure.
よりも、より確信している感になります。

逆に自信がないときは、

I'm not positive.
日本語訳

確かではない。

 
 

なにか話をしていて、
「確か~~だと思うけど……絶対じゃない」
のように、

I remember the party is on Friday. But I'm not positive.
日本語訳

パーティー金曜だったと思うんだけど……確かじゃない。

 
 
※I think~(~だと思う)と同じ感じ!

また"positive"じゃなくて、
「違う!」と否定したい場合は、

I'm negative.
日本語訳

そうじゃないと思うよ。

 
 
に!

こちらも"positive"同様、
「わたしはネガティブな人間」と性格を言ってるんじゃなくて、
なにかを「否定」するフレーズになります!

Let's Girl Talk in English.


■実際に会話のなかに組み込んでみましょう☆


 









Do you think it will rain today?













Yeah. I'm positive. I checked the forecast this morning.













I'll bring the unbrella then. Thanks.




 
日本語訳

 









今日雨降ると思う?













うん。そう思う。朝天気予報チェックしたし。













じゃ、傘もってこ。ありがとう。






 

 
シチュエーション&ポイント

友だちに雨が降るか聞かれて、
朝天気予報で言ってて確信があったから、
I'm positive.
をつかって、「そう思うよ」と言っているシチュエーション。
性格のことを言う以外にも、
確信があって肯定するときに使えるんです!
反対語は"negative"。
こちらは否定するときに使えますよ♪









Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!