「COWCOW」から学ぶ→ I could eat a cow.

「COWCOW」から学ぶ→ I could eat a cow.



「あたりまえ体操」
でおなじみのお笑いコンビ

COWCOW(カウカウ)





cow
=牛

では、この"cow"をつかって、
I could eat a cow.
と言うと……
どんな意味でしょうか

知ってる英語"COWCOW"から学べる→ I could eat a cow.







I could eat a cow.


日本語訳




牛を食べれちゃうぐらい
お腹が減ってる
という意味。

"can"ではなく"could(仮定法)"にすると、
「ほんとに食べるわけじゃないけど、
たとえば食べれちゃうぐらい」
というニュアンスになります☆

同じ意味で、
I could eat a horse.
という言いまわしも!

食べる+生きもの関連のフレーズで、
ほかにも面白いものが♪

たとえば……

You eat like a pig.

は、ブタみたいに
「ガツガツ食べる」
「大食いする」

あまりキレイな食べ方ではなく、
がっつく感じ!

また、

You eat like a bird.

は、鳥みたいに
ちょっとしか食べない
=「小食だね」

という意味☆

こんなイディオムも知ってると、
ちょっと「お!!」と思われるかもしれません♪

ちょい足し&変えフレーズ♪




I could eat a horse.
日本語訳

超お腹空いた。

※"cow"じゃなく"horse"=「馬」の場合も!
どちらも食べるには大きすぎますよね(笑)。


You eat like a pig.
日本語訳

ガツガツ食べるね。

※"pig"=「豚」
"like"=「みたい」
に食べる。
ちょっとがっついて食べる感じで、
あまりきれいな食べ方ではないニュアンス。


You eat like a bird.
日本語訳

小食だね。

※"bird"=「鳥」
"like"=「みたい」
に食べる。
鳥ってチュンチュンつつくように、
ちょっとずつ食べますよね!
そのイメージで、「小食だね」という意味☆


ガールトークLesson☆





英語日本語解説










It's already two.













Really? We should go for lunch.













Yeah. I could eat a cow.















もう2時だよ。













ほんと? ランチ行かなきゃね。













うん。超お腹空いたよ。






仕事に没頭していたら
時間が経つのを忘れちゃって、
ランチを食べてなくて、
I could eat a cow.
と言っているシチュエーション。

I could eat a horse.
という言い方も☆

ちなみに"could"は「仮定法」。
実際にはそうじゃないけど、
「~しちゃうぐらい」
というニュアンスになります♪



Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!