「ダイハツ ムーヴ」から学ぶ→I’m so moved.


I'm so moved.





新型も登場して、人気のダイハツ「ムーヴ」!
小松菜奈さん、長谷川博己さんのCMでもおなじみですよね♪





"move"は「動く」です。

ものが移動したり、
人が動く(引っ越すときも)ときにとってもよく使います。

では……
I'm so moved.
は、どういう意味でしょうか?

"I'm so moved"って……私がとっても動かされた??




I'm so moved.
「じーんときてます」

「心」が動かされたとき、つまり
「感動したとき」
に使います。
実際に泣いていなくてもOK。
似た言葉で、
I'm touched.
というフレーズがありますが、

touch
→(心に触れるような)感動

move
→(心を動かすような)感動

とちょっと違うんです。
"move"は、歌や本、映画などに感動して、
心や感情が深く揺り動かされたときによりよく使います。

"I'm so moved"は今まさにこの瞬間に心が震えていますが、
単純に「感動した」と伝えたいときは、過去形に。


I was moved.
「感動した」

感動した「内容」を言いたいときは、"by"を使って、


I was moved by the movie.
「その映画に感動した」


I was moved by his words.
「彼の言葉に感動した」

また、感動して涙が出ちゃったときは、

I was moved to tears.
「感動して泣いちゃった」

感動して心がプルプルしたときは、
このフレーズで感動をあらわしてみましょう♪

Let's talk!


■実際に会話のなかに組み込んでみましょう☆

Have you seen "Inside Out"?



Of course! I was so moved.







 

日本語をCHECK


「インサイド・ヘッド」みた?



もちろん! 超感動したよ。





★シチュエーション&ポイント
歌や本、映画などに心を動かされたときには"move"を使います!
この場合は、映画に自分が感動させられたので、"was moved"になるのがポイント☆
ちなみに映画「インサイド・ヘッド」の原題は「Inside Out」。
映画「インサイド・ヘッド」から学ぶ"inside"の使い方もあわせてチェックしてね♪





Let's enjoy "Girl-Lish"!
See you next time!!

■関連語 (Coming soon)